補助金

福岡市保育士貸付制度(貸付金全額免除あり)について

全国的に保育士さんが不足している昨今、主に都市部を中心に保育士さんを確保するため金銭的なサポートを施策として打ち出す自治体が増加しています。今回はその中で福岡市の保育士人材確保事業に関してお伝えいたします。
福岡市の求人はこちら

共通要件

福岡市では保育所等で新たに就職を考えている方と職場復帰を考えている方向けに以下二つの貸付事業を開始しております。
なお、貸付という名目ではありますが、いずれも2年間保育所などに勤務すると、貸付金全額免除となります。これは腰を据えて長く働きたい方にとってはとても嬉しい制度ですね。
①・②の申し込みが出来る方の共通要件は以下の通りです。
・保育士として週30時間以上の勤務
・貸付利子は無利子
・連帯保証人1名必要(原則、県内居住し、かつ独立の生計を営む成年者であること。)
主な注意点としては週30時間以上の勤務実績が必要だという点です。短時間勤務をお考えの方は資格がありません。

制度その1 保育料の一部貸付事業

1番目の保育料の一部貸付事業は未就学児童のいるママさんが対象となり
A. 福岡市内の保育所等で新しく勤務する方
B. 産休・育休から職場復帰する方
以上のどちらかに該当する方は保育料金の半額、上限27,000円まで貸付金を受け取る事が出来ます(勤務開始日から1年以内まで)。

制度その2 就職準備金貸付事業

2番目のコチラの制度は主に保育士資格をお持ちの方が対象となり、以下A・B・C全ての要件を満たす必要があります。
A. 福岡市内の保育所等で新しく勤務する方
B. 保育士として以下の施設又は事業を離職後1年以上経過した方または勤務経験が無い方
C. 福岡市内の保育所等に新たに勤務する方
以上すべてに該当する方は200,000円まで貸付金を受け取る事が出来ます(1回限り)

返還内容

上記制度は繰り返しますが2年間保育所などで勤務すると、貸付金は全て返還免除になります。
但し、何らかの事情で要件を外れてしまうと以下の通り返還義務が生じます。
・保育料の一部貸付金は貸付期間の2倍(最長、貸付期間の4倍)に相当する期間で返還
・就職準備金貸付金は1年以内(最長2年以内)で返還

申請にあたっての必要書類など

貸付申請書、保育士証、その他必要な書類(雇用契約書、保育所の入所決定通知、見積書、領収書等)を持って申請可能となります。

開始時期

平成28年度8月1日から受け付け開始しております。

問い合わせ窓口

社会福祉法人 福岡市福祉協議会 生活福祉課
TEL:092-751-1121 FAX:092-751-1509
受付時間:月〜金(祝祭日、12月29日〜1月3日を除く)9時〜17時の間

今回ご紹介した制度は家計も助かりますし、実質的な賃金増にもなりますので上手く活用したいところです。

※本制度は、内容、提出書類等変更の可能性があります。
詳しくは福岡市社会福祉協議会まで必ずご確認ください。

 

出展:福岡市社会福祉協議会「福岡市保育士人材確保事業」

https://www.hoiku-aruaru.com/content/blog-carrier/childcare-supportstaff/kosodateshienin.html