転職

これで安心!保育士の面接を有利に進めるための転職理由の伝え方とは?

保育士が転職するために避けては通れないものが面接です。どう受け答えするかによって、採用されるかどうかが決まります。面接で特に重視されるのが転職理由で、相手を納得させる回答をしなければいけません。うまく伝えることができれば、面接で有利になります。そこで、保育士に多い転職理由と面接を有利に進めるための伝え方について解説しましょう。

 

おすすめの保育求人を見る

1. 保育士に多い転職理由1:仕事が割に合わない

保育士の仕事では、他人の子供を預かるという大きな責任を負わされます。子供が少し怪我をしただけでも、親からクレームが寄せられる可能性があるのです。小さな子供は保育士の言うことを聞かないことが多く、危ないことをするケースが少なくありません。一度に多くの子供の面倒を見る必要があるため、それぞれの安全を確保するのは大変なことです。保育士の仕事量は多くて、責任も大きいにもかかわらず、給与はそれに見合っていないと感じる人がたくさんいます。このような割の合わない仕事を続けるよりも、転職したほうがよいのではないかと考える人が少なくありません。

保育士の仕事は、子供が帰ってからも続き、残業時間が多くなる傾向にあります。たとえば、保育園で行われるイベントの準備をするのも保育士の仕事です。保護者に配るプリントを作成する、教室の飾り付けをするなどの仕事があって、なかには自宅に持ち帰って作業をする保育士もいます。特に保育士の不足している職場では、ひとりに割り振られる仕事の量が増えてしまうため、激務になりやすいです。心身への負担が大きくなって、ストレスを溜めてしまい、体を壊してしまうリスクもあります。このような働き方に見合った待遇を得られなくて、割に合わないと感じる人は多いです。

おすすめの保育求人を見る

2. 保育士に多い転職理由2:保育方針が合わない

保育所によって保育方針が異なっているため、子供への接し方や仕事のスタイルなどが違います。それぞれの保育所には保育理念があって、それにもとづきながら仕事をすることが求められるのです。しかし、保育士のなかにも、仕事に対する自分なりの考えを持っている人がいます。そういう人が、自身の理想と異なる保育方針の職場にいると働きにくさを感じてしまうでしょう。自分の理想と違う勤務を強いられることになり、我慢して働いていると大きなストレスになってしまいます。

また、保育方針が合わないと仕事にやりがいを感じにくくなってしまうでしょう。園長や主任などと仕事に関して言い争ってしまう可能性もあります。保育所側のやり方に反発してしまい、人間関係が悪化することもあるのです。そのような環境のなかで働いていると、もっと自分の考え方に近い職場で仕事をしたいと考えるのは自然なことでしょう。保育所ごとに特色が異なっているのは悪いことではありません。たとえば、しつけに力を入れている保育所もあれば、子供をのびのびと育てることを重視した保育所もあるのです。保育方針が異なれば、子供に接するときの態度が変わります。自分に合った保育方針の職場であれば、気持ちよく子供と接することができるでしょう。

おすすめの保育求人を見る

3. 保育士に多い転職理由3:人間関係がよくない

保育士に限らないことですが、人間関係に悩んで転職したいと考えるケースは多いです。人間関係は仕事において重要なことであり、ストレスに大きく関わります。良好な人間関係を築けるならば、たとえ仕事が激務でも耐えられるでしょう。しかし、周りの人間関係に問題が生じると、それが精神的なストレスを誘発します。また、人間関係をよい状態に保とうと努力することもストレスの原因となりやすいです。保育所の人間関係としては、園長や上司、同僚、後輩などがいます。それぞれ立場の違う人達とうまく意思疎通を図る必要があって、簡単なことではありません。

人間関係にはどうしても相性の問題がつきまといます。たとえ、コミュニケーション力に優れている人であっても、自分と合わない人と仲良くすることは難しいものです。保育所での人間関係の形成に失敗したならば、人間関係をリセットするために転職をしたいと考えてしまいます。また、保育士の場合は保護者との人間関係にも気を配らなければいけません。特定の保護者から目をつけられてしまい、理不尽な要求や叱責を受けるようなこともあります。保護者との関係についての悩みから職場を変えたいと思う保育士も多いのです。

おすすめの保育求人を見る

4. 履歴書での転職理由記述法

転職の際には、まず、履歴書のなかで転職理由を記述することになります。履歴書の内容をもとにして面接でも質問されるため、そのことを踏まえた上で内容を考えましょう。採用者の目線に立つことが大事であり、採用したときのイメージがしやすいような退職理由を書きます。本来、ネガティブになりやすい転職理由をポジティブな印象へと変化させることがポイントです。

最初に、前職を退職した理由について書きます。このときには、応募先でその理由を解消できるかどうかが重要です。その保育所でなければ、自分の不満や悩みが解消されないことを伝えます。次に、応募先の保育理念などへの共感について記載しましょう。どうしてもその保育所で一緒に働きたいと考えていることを、熱意を持ってアピールするのです。また、前職での経験についても書き、それを応募先でどう活かしたいのか伝えます。自分がその保育所で戦力になることを理解してもらうのです。最後に、応募先でどう活躍したいのかを伝えるために、今後の目標について書きます。

おすすめの保育求人を見る

5. 面接を有利に進めるための伝え方1:正直に話す

面接では印象をよくしようとするために事実と異なる話をしてしまうケースがあります。しかし、嘘をついてしまうと、いつか本当のことがばれてしまう可能性が高いです。嘘が発覚したとしても、すぐに退職させられることは少ないですが、印象が悪くなり、人間関係にも影響を与えてしまいます。相手に信頼してもらうためにも、正直に伝えることが大切で、それが良好な人間関係にもつながるのです。面接では、自分のことについてさまざまな質問を受けます。それらに対して、基本的に事実のみを正直に伝えるべきです。面接で無理に事実を隠したり誇張したりするよりも、正直に話したほうが現実味があり説得力をもたせられます。

おすすめの保育求人を見る

6. 面接を有利に進めるための伝え方2:前向きな言葉を使う

面接では正直に事実を話すことが大切ですが、そのときには相手に与える印象に注意しましょう。特に退職理由などはネガティブな発言になりやすく、マイナスの印象を与えてしまい採用される可能性が低くなります。思っていることを正直に伝えるのではなく、ポジティブな言葉に置き換える工夫をしましょう。言い回しを変えるだけで、同じ内容でも相手の印象がよくなることがあるのです。採用者の目線に立ち、採用したいと思われるように前向きな言葉を使いましょう。

たとえば、保育方針の違いから前職を退職したと伝えるケースがあります。この場合は、「より自分の理想に近い環境で働き、自分を高めたいと思ったため」などと伝えると、印象がよくなるでしょう。待遇が悪いために退職した場合には、それを正直に伝えると、もっとよい条件の保育所があればすぐに退職すると思われかねません。この場合は、「前職では自分の能力を高く評価してもらえず、貴園であれば能力に応じた評価をすると思ったため」などと伝えましょう。

おすすめの保育求人を見る

7. 面接では伝え方が重要なポイント!

面接では、同じ内容をできるだけポジティブな言い回しにして伝えることがポイントです。言い方を変えるだけで、同じ内容がより好印象で伝わるようになるでしょう。どうしても退職理由はネガティブなものになりやすいため、前向きな言葉を使うことが重要です。保育の求人あるあるを使って新しい職場を探して、面接を成功させましょう。

おすすめの保育求人を見る

おすすめ保育士求人情報をお伝えいたします!

「保育の求人あるある」はミサワホームグループのセントスタッフ株式会社が運営する保育士求人サイトです。
私たちは公立保育園、私立認可保育園、幼稚園、認定こども園、準認可保育園、託児所、学童保育など、様々な求人をご用意します。
また保育補助や園長職をご希望の方もコーディネーターにご相談下さい。
皆様にとって最良の求人をご紹介致します!

長く保育園と付き合いのあるコーディネーターが就職・転職活動サポート!

皆様の就職・転職活動を担当させて頂くコーディネーターは長年に渡り保育士さんの就職をサポートしてまいりました。
担当させて頂くコーディネーターは保育園様と保育士さんの両者より直接お話しをお聞きするため信頼性の高い情報を熟知しております。そのため就職をお考えの皆様に有益な情報をお届けする事が可能です。
こんなはずでは無かった、聞いていなかった、など就職にあたりミスマッチが起きてしまう事は関わる全ての人に不利益だと考えます。私たちはそうした状況を無くすために皆様にとって良いご縁となるよう全力で取り組ませて頂きます。

気になる点は何でもお気軽にお問い合わせ下さい!